7/14/2017

モンテッソーリ教育の教員養成コースを受講した先生たちってどんな感じ?

モンテッソーリ教育の幼稚園の先生たち。




我が家の子供たちは、モンテッソーリ教育の幼稚園で過ごしました。正確には、息子はまだ在園中です。今日は、モンテッソーリ教育の教員養成コースを受けていた又は現在も受講中の先生方の様子を保護者の目線からお伝えしていきます。


モンテッソーリ教育養成コースとは?


モンテッソーリ教育養成コースとは、日本モンテッソーリ協会が認めている日本モンテッソーリ協会公認モンテッソーリ教員養成コースと国際モンテッソーリ協会公認モンテッソーリ教員養成コースと日本モンテッソーリ教育綜合研究所教師養成コースというものがあるそうです。詳しくは日本モンテッソーリ協会の公式ホームページにてご確認ください。

⏩ 日本モンテッソーリ協会公式ホームページ
http://montessori-jp.org/teacher.html


モンテッソーリ教育の幼稚園を選ぶ際に、保護者の立場として理解が必要な事は?


モンテッソーリ教育の幼稚園や保育園を選ぶ際に、保護者の立場として最低限、理解している必要がある事は、『モンテッソーリ協会の認めている教員養成コースをきちんと受講している先生がいるかどうか』ということです。また、いたとしても、園全体で一人よりも、モンテッソーリ協会の認めている教員養成コースを受講した先生が各クラスの担任である園の方が当然良いですよね。

我が家の子供たちが通っている幼稚園は勿論、後者です。そして、教員養成コースを受講していない先生方もモンテッソーリについて理解した上で副担任などを任される様子です。すべての先生方が同じ意識を持って子供に接してくださっていると日々感じています。


モンテッソーリ協会公認の教員養成コースの先生ってどんな感じ?


我が家の子供たちが通っている幼稚園は、このように言われる事があります。

先生がどこにいるのかわからない幼稚園

『先生がどこにいるのかわからない幼稚園』というのは、先生がずるしているとか、リーダーシップがないとか集団行動がないとかそういうことではありません。そういった、誤解をしている保護者の方を見ると本当に残念な気持ちになります。

先生方は常に子供たちの意見や気持ちを尊重して下さっているのです。

ですから先生方は、大きな声をだして怒ったりすることはありません。
子供たちの気持ちを誘導する事はしません。
子供たちに危険が及ばない限り、手出しするのではなく、見守ってくださいます。
自分の意見や気持ちを伝える事は大事ですから、言葉に現したりするまで、根気強く待ってくださいます。

子供たちそれぞれの個性を引き出すための協力をしてくださるのです。


最後に。


我が家の子供たちのモンテッソーリ教育の幼稚園の先生方は、本当に忍耐強いです。そして、子供たちに接する際の教育的意識も高く、『人としても尊敬出来る先生』なのです。
成長とともに、子供たちは自分というものを作り出していますが、自分らしさを認めてくれた大人に囲まれて育った事で、自分らしさを失わずに、周囲の人々を受け入れて過ごしている子供たちを見ると、日々、感謝の気持ちでいっぱいになります。



スポンサードリンク

0 件のコメント:

コメントを投稿